ロゴ
ホッと一息つきたい時・気分をリフレッシュしたい時、煎りたてのおいしい自家焙煎コーヒーはいかがですか?

初めてご利用の方へ 焙煎風景 新着情報 珈琲豆知識 お支払方法 送料のご案内
HOME  >  ストレート豆 一覧  > モカ マタリ No.9

 メニュー
イベント情報

自家焙煎珈琲豆

珈琲器具
 営業時間のご案内
定休日 毎週火曜日
営業時間 午前10:00~午後6:00
ご質問・ご意見・ご感想はこちらから
 当店のコーヒーはここで飲めます
道の駅 伊勢本街道 御杖
 ストレート豆

 S-08 「モカ マタリ No.9」
内容量 : 200g(1袋) ロースト : ■■★□□中深煎り
>ストレート豆 一覧

※ 在庫切れのため終売しました。

※ ミル : 使用される器具によって選ばれるのが一般的です。
 
 不要   ・・・ 豆のままお送りいたします。(コーヒー豆のおいしさが長持ちします。)
 極細挽き ・・・ エスプレッソ
 細挽き  ・・・ サイフォン
 中挽き  ・・・ ペーパーフィルター(苦味が出る 中深煎り、深煎りにおすすめ)・サイフォン・布ドリップ
 中粗挽き ・・・ ペーパーフィルター(酸味が出る 浅煎りにおすすめ)・布ドリップ
 粗挽き  ・・・ バーコレーター
 >くわしくはこちら


■ 特徴
優雅な香りで酸味が柔らかく個性的な豆。



※ 味覚表は 当店の焙煎機で指定ローストに焼いた場合のものです。

イエメン
アラビア半島の最南端に位置し、アラビア半島の中では自然に恵まています。
生産される豆は、すばらしい物なのですが、石臼で脱穀するためか、
異物混入(割れた豆等)が多く、きちんとしたハンドピックが必要になります。


「モカ」 は紅海に面した、イエメンの小さな港町の名前です。

1628年 オランダの商船が「モカ港」でヨーロッパ人として
初めてコーヒーを買ったそうです。
このころはヨーロッパではまだコーヒーを飲む習慣が無いため
ペルシャ・インド地方に売っていたそうです。

1661年 アムステルダムでヨーロッパ地域初めてのコーヒーが売り出されました。
このときに売られたコーヒーが「モカ港」産だったそうです。
これを機会にヨーロッパ人が南アメリカや東南アジアに「モカ」の豆を持ち込み
コーヒーの栽培を始めました。

こうした事から、イエメンは世界のコーヒーの母国と言えるかも知れませんね。

生産地は内陸の山岳地方(標高1,000~3,000m)の段々畑です。
現在は「モカ港」ではなく「アデン港」で船積みされ出荷されます。

素朴でありながら気品のある味わい、独特の香りがします。

「No.9」とは最高級品を示します。


▲ ページトップへ
HOME  >  ストレート豆 一覧  > モカ マタリ No.9

生産地域別一覧LINK特定商取引に関する法律に基づく表示個人情報の取り扱いについて
023136
since 2001/11/1