ロゴ
ホッと一息つきたい時・気分をリフレッシュしたい時、煎りたてのおいしい自家焙煎コーヒーはいかがですか?

初めてご利用の方へ 焙煎風景 新着情報 珈琲豆知識 お支払方法 送料のご案内
HOME  >  珈琲豆知識  > インスタントコーヒーを発明したのは?

 メニュー
イベント情報

自家焙煎珈琲豆

珈琲器具
 営業時間のご案内
定休日 毎週火曜日
営業時間 午前10:00~午後6:00
ご質問・ご意見・ご感想はこちらから
 当店のコーヒーはここで飲めます
道の駅 伊勢本街道 御杖
 珈琲豆知識

インスタントコーヒーを発明したのは、何と日本人だったのです!


1901年 アメリカ ニューヨーク州 バッファロー で開催された
「パンアメリカ博覧会」に、世界で初めて『ソリュブル・コーヒー』
(ソリュブル(soluble)とは溶けるという意味です)
が出品されました。

発表したのは、シカゴ在住の化学者 加藤サトリ 博士。

明治32年(1899年)加藤博士はコーヒーを
いったん液化してから粉末にする実験に成功。

ところが、日本では日の目を見ず、海を渡ったアメリカで発表されました。

2005年6月 アンケート結果


知らなかった

78%

なんとなく聞いたことがある

15%

知っていた

7%

残念ながら、加藤博士の『ソリュブル・コーヒー』は製品化されませんでした。
実際に製品化されたのは、アメリカ人のG・ワシントンが開発した方法で
作られたものです。(1906年 開発、1909年 製品化)

<記事 web管理人>


ご意見・ご感想・ご質問をお待ちしてます。





▲ ページトップへ
HOME  >  珈琲豆知識  > インスタントコーヒーを発明したのは?

生産地域別一覧LINK特定商取引に関する法律に基づく表示個人情報の取り扱いについて
025508
since 2001/11/1