ロゴ
ホッと一息つきたい時・気分をリフレッシュしたい時、煎りたてのおいしい自家焙煎コーヒーはいかがですか?

初めてご利用の方へ 焙煎風景 新着情報 珈琲豆知識 お支払方法 送料のご案内
HOME  >  珈琲豆知識  > 湯温による味の変化

 メニュー
イベント情報

自家焙煎珈琲豆

珈琲器具
 営業時間のご案内
定休日 毎週火曜日
営業時間 午前10:00~午後6:00
ご質問・ご意見・ご感想はこちらから
 当店のコーヒーはここで飲めます
道の駅 伊勢本街道 御杖
 珈琲豆知識

コーヒー抽出時のお湯の温度について


一般的に抽出時の湯温が高いと苦味が強調され、逆に湯温が低いと酸味が強調されます。
ハンドドリップの場合は湯温が調整できるので便利です。

コーヒーメーカーを使用される場合は湯温が高温となるため、苦味が強調されます。
これを解消するため粉を少し粗くしたり、量を調整したりします。

当方ではハンドドリップの場合、焙煎直後のコーヒーを使用するのは当然として、
湯温を90℃前後で約3分で抽出を完了します。

Q.湯温による味の変化をご存知ですか?

<'07/06/15 ~ '07/07/10 アンケート結果>

知っていた

40%

知らなかった

59%

その他

1%


■ お湯の温度がわからない場合は。

お湯を沸かすポットとハンドドリップに使うポットを、二つ用意し
沸騰後に移し替えると適温になると思います。お試し下さい。

<記事 web管理人>


ご意見・ご感想・ご質問をお待ちしてます。





▲ ページトップへ
HOME  >  珈琲豆知識  > 湯温による味の変化

生産地域別一覧LINK特定商取引に関する法律に基づく表示個人情報の取り扱いについて
023136
since 2001/11/1